留学時に気になるセブ島の気候・気温・降水量 | 乾季、雨季それぞれの特徴を解説

もともと日本人の観光客から人気のセブ島。

最近では、英語留学でもっとも熱いエリアです。

しかし、フィリピンの気候や特徴を理解せずに留学すると、さまざまなトラブルに遭遇してしまうかもしれません。

そこで今回は、フィリピンのセブ島について、その気候や降水量、具体的な気候の特徴まで紹介します。

お問い合わせは、24時間いつでもLINEで!

フィリピン留学BEACLは、

①留学Wi-Fi無料! ②手数料完全無料! ③送金手数料無料! ④最低金額保証! ⑤クレカ支払いOK

なのに、カウンセリングからご帰国まで、しっかりサポート 将来の留学でも構いません。まずは一回お問い合わせください!

お問い合わせは、24時間いつでもOKのLINEがおすすめです!

セブ島の年間を通しての気候は? 

セブ島に留学する際、現地の気候を把握するのはとても重要です。

ヒナゴ

持参する衣服や持ち物などが、気候によって大きく左右されるためです。

ここでは、セブ島の気候について詳しく紹介します。

年間の気温

123456789101112
平均気温27℃27℃27℃28℃29℃28℃28℃28℃28℃28℃28℃27℃

セブ島は、日本とは大きく異なり寒暖差のある四季がありません。

その影響もあり、年間をとおして気温は安定しています。

平均気温は27〜29°C前後をキープしているため、語学留学する人には過ごしやすい気候といえるのではないでしょうか。

ヒナゴ

イメージとしては沖縄っぽい感じでしょうか?

年間の降水量

123456789101112
降水量110mm70mm20mm30mm70mm170mm180mm110mm160mm200mm110mm110mm

雨季と呼ばれる6月〜11月は、一般的に降水量が増加します。

この期間中、雨は短時間で激しく降るスコール型が多く、突然ザーッと降ってくるものの、その後すぐに晴れることも多々あります。

セブ島には乾季と雨季がある

セブ島には、降水量の少ない乾季と降水量が増える雨季があります。

ここでは、それぞれの気候の特徴を紹介します。

乾季(12~5月)の気候

セブ島の乾季は12月〜5月までの期間で、降水量が少なく天候が安定しています。

そのため、観光や留学で訪れるには過ごしやすい季節といえるでしょう。

しかし、乾季の時期は紫外線が強いため、長時間の外出には日焼け止めや帽子などの日焼け対策が必須です。

また、この乾季のタイミングでセブ島の学校は夏休み(4〜5月)に入ります。

ヒナゴ

日本の春は、フィリピンの夏休み。

夏休み期間中は、フィリピンの人たちは日本人と同じく帰省する人や旅行に出かける人が増加傾向です。

とくに、バスなどの公共交通機関や自動車を使っての移動は大変混雑します。

また、観光地やショッピングモール、レストランなども子どもを連れた家族でにぎわい、島全体が活気づきます。

そのため、この時期にセブ島を訪れる予定の人は夏休みの混雑を考慮したうえで、滞在日程や観光計画を立てるとよいでしょう。

雨季(6~11月)の気候

セブ島は6月〜11月までの5か月は、「雨季」により降水量が増加します。

ただし、日本の梅雨のように一日中雨が降り続くわけではなく、短時間で集中的に雨足が強くなる傾向です。

これは、スコールと呼ばれる短時間で激しく降る雨によるもので、大雨の後にカラッと晴れることも多々あります。

また、乾季と比べると日差しはそれほど強くありませんが、紫外線は日本の数倍も強いという特徴もあります。

そのため、女性はとくに紫外線対策が必要不可欠です。

日焼け止めや帽子、UVカットのアイテムなどは、日差しから肌を守るアイテムとして現地で重宝するでしょう。

【卒業】帰国時、空港に3時間前到着すれば大丈夫?【集中豪雨】

こんにちは。BEACLのRyanです。 卒業して、クラスメイトとのお別れを悲しみつつ、帰国する場合。 皆さんは、何時間前に空港に行きますか? 基本BEACLでは「国際線の場合3…

セブ島の気候の特徴

セブ島の乾季や雨季は先述しましたが、実際の気候はどのような特徴があるのでしょうか。

ここでは、セブ島の気候を詳しく紹介します。

湿度が低く温暖で過ごしやすい

セブ島の気候の大きな特徴として、温暖な気候が一年中満喫できる点があるかもしれません。

日本の夏は湿度が高く暑さが厳しい一方、セブ島の気温は年間を通じて平均27℃程度。

日本と比べて気温差が少ないため、慣れれば体調を崩しにくい点も大きな魅力でしょう。

一日の気温差について

セブ島は日本と違い、寒暖差がそれほど大きくありません。

赤道に近く、年間をとおして気候が安定しているためです。

それゆえ、日中と夜間の気温差は小さく、夜間でも冷房がないと寝苦しいかもしれません。

なお、冷房に関しては、無いと暑くて眠れませんが、冷房の効きすぎで寝れない場合もあります。

ヒナゴ

相部屋の場合、エアコンの温度設定で悩む場合もあるのです。

セブ島の台風シーズンについて

フィリピンでは、8月〜9月が台風シーズンです。

台風がセブ島に上陸することもよくあります。

そのため、台風シーズンに留学を計画する場合は、事前の情報収集と適切な対策が必要です。

こちらの動画もどうぞ!


セブ島の季節別おすすめの服装

セブ島で快適に生活するには、気候に合わせた服装の選びが重要です。以下では、乾季と雨季、それぞれの季節に適した服装について説明します。また、時期によって重要視される冷房対策や雨具についても触れています。

乾季の服装

乾季時期に最適な服装は、日本の夏に着用するような軽装が適しています。

半袖シャツやショートパンツ、ノースリーブのトップスや涼しいドレスなど、通気性のよい服装が理想的です。

また、サンダルや軽いスニーカーなどの足元も涼しいものがおすすめです。

しかし、セブ島の屋内は冷房が効いている場合が多く、外との温度差により寒さを感じるかもしれません。

そのため、薄手のカーディガンや長袖シャツを持ち歩くと、必要に応じて羽織れるため便利です。

そして、セブ島では強い日差しや紫外線から肌を守る対策も忘れてはいけません。

帽子やサングラス、日焼け止めクリームなどの防護具の準備を怠らないようにしましょう。

最後にセブ島は高温多湿のため、汗が出やすい気候です。

タオルやハンカチ、吸汗速乾性のあるウェアを選ぶと、適度な快適さをキープできます。

雨季の服装

セブ島の雨季は湿度が高くなるため、通気性のよい上着が最適です。

通気性のよい衣服を着用することで、汗やジメジメ感を軽減できます。

たとえば、綿やリネンのような自然な素材のシャツやブラウスが適しています。

続いて、パンツはハーフパンツがおすすめです。

不快な蒸れを防ぎつつ、自由な動きを可能にします。

しかし、蚊などの虫に刺されるのが苦手な方は長ズボンが適しています。

そして、雨が降りやすい時期の足元は蒸れから解放されるサンダルが最適です。

ヒナゴ

濡れること前提で多少濡れてもよい服装にするのがおすすめです。

年間を通して、冷房対策を

セブ島では、外が暑くても室内は冷房によりかなり低温に設定されています。

出かける際には体調を崩さないように、体温調整が可能な上着を用意しましょう。

ヒナゴ

飛行機の機内もそうですが、「寒すぎて耐えられない」ほどの冷房に接することがあるのもフィリピン留学の特徴かもしれませんね。

まとめ

本記事では、フィリピン留学先としても人気のセブ島の天候について詳しく解説しました。

セブ島のイメージって、単なるリゾート地的な感じで捉えられそうですが、実際のところ、リゾートと言うより東南アジアの大きな街、という感じです。

ジメジメしてて、暑くて、雨も多くて。

でも、これまでお話した通り、時期によって特徴がしっかり分かれています。

現在、セブ島への渡航を計画中の人は、今回の情報をもとに快適な留学生活をプランニングしてください。

ヒナゴ

ご相談お待ちしています☆

BEACL自慢のその他コンテンツもお楽しみください

お問い合わせは、24時間いつでもLINEで!

フィリピン留学BEACLは、

①留学Wi-Fi無料! ②手数料完全無料! ③送金手数料無料! ④最低金額保証! ⑤クレカ支払いOK

なのに、カウンセリングからご帰国まで、しっかりサポート 将来の留学でも構いません。まずは一回お問い合わせください!

お問い合わせは、24時間いつでもOKのLINEがおすすめです!