社会人にこそフィリピン留学がおすすめ!その理由と社会人向け学校の選び方

現代のビジネスはグローバル化が進み、語学力はビジネスマンにとって必要なスキルと位置づけられています。

しかし、仕事で多忙を極めるビジネスマンは、語学力を学ぶ時間がないのも事実です。

それでは社会人が語学力を学ぶには、どのようにすればよいのでしょうか。

そこで今回は、社会人がフィリピン留学にチャレンジすべき理由を紹介します。

記事内では、社会人におけるフィリピン留学のメリットやデメリット、留学にかかる費用などを詳しく解説します。

ヒナゴ

現在、フィリピンへの留学を考えている人は、本記事を参考にぜひ海外での学びにチャレンジしましょう。

1.社会人にフィリピン留学がおすすめの理由

社会人の留学先としてフィリピンは人気国ですが、具体的にどのような理由で選ばれているのでしょうか。

ここでは、フィリピン留学がおすすめの理由を紹介します。

短期間での留学が可能

社会人がフィリピン留学を選ぶ大きな理由は、短期間で留学できる点ではないでしょうか。

社会人は学生と違い、何週間、何か月も仕事を休んで留学するのは難しいものです。

しかし、フィリピン留学であれば最短1週間からの受け入れが可能です。

ヒナゴ

1週間は短く感じるかもしれませんが、毎日起きてから寝るまでで英語に触れることで、驚くほどの進歩が期待できます。このように、短期間で語学留学ができるのは、忙しい社会人にとって大きな魅力といえるでしょう。

ただし、留学期間にフィリピンの祝日が無いか、よく確認してください。

2024年度フィリピンの祝日

短期留学における祝日の注意点やアドバイスも【BEACL】へ!セブ島・バキオの複数校を比較して自分に合った留学先を見つけられます。社会人も参加しやすい最短1週間から人…

ビザなど面倒な事前手続きが少ない

一般的に海外留学をする際は、ビザの取得が必要です。

ビザの取得手続きは申請から発行までに1か月程度を要しますが、繁忙期にはさらに時間がかかるかもしれません。

そのため、留学を考えている社会人には、こうした手続きの手間が大きなデメリットになりえます。

しかし、フィリピン留学は事前のビザ申請が不要であり、滞在期間が30日を超える場合でもビザの延長ができます。

ヒナゴ

延長手続も学校がやってくれます。

これは留学に伴う手続きの省略だけでなく、留学準備のストレス軽減にもつながります。

留学時の面倒な手間がかからないのは、フィリピン留学の大きなメリットといえるでしょう。

マンツーマン授業が基本。よりストイックなスパルタ式も選択可能

フィリピンの語学学校では、英語にとことん取り組むために「スパルタ式」を選択することが出来ます。

スパルタ式の主な特徴は、マンツーマンレッスンに加えて平日の外出禁止、毎日の単語や文法のテストなどです。

こうしたスパルタ式の教育法により、集中的に学習する時間が強制的に確保されます。

短期間でも効率的に英語が学べるのは、時間が限られた社会人にはとくに有効です。

ヒナゴ

やる気さえあれば、とことん自分を追い込むことができる環境です☆

日本からのアクセスが良い

日本からフィリピンまでは飛行機で約4時間半で到着できます。

時差も1時間。「時差ボケ」に悩むこともありません。

たとえば、留学先がカナダの場合、日本とカナダの時差は約16時間あり、現地に到着してから数日間は時差ボケに悩まされます。

しかし、フィリピン留学なら時差ボケに悩まされることなく、到着後すぐに英語の学習に専念できます。

日本からのアクセスのよさは、フィリピン留学を選ぶ大きな魅力といえるでしょう。

2.社会人がフィリピン留学をするデメリット

社会人がフィリピン留学を選ぶ際、デメリットも理解しておく必要があります。それでは、実際にどのようなデメリットが考えられるのでしょうか。

ひとつずつみてみましょう。

治安が悪い地域もある

日本は世界でも治安がよい国として認知されていますが、初めて留学する人は特に治安環境の違いに驚くかもしれません。

治安の状況は地域によっても異なりますが、とくに、都市部ではより注意が必要です。

ヒナゴ

もっとも、自分で意識して気をつければ、留学中のトラブルを大幅に軽減できます。

まず、外出時ブランド物の財布などの高価な貴重品は身につけないようにしましょう。

これは盗難のリスクを軽減するための基本的な対策です。

また、夜になると治安が悪化する傾向にあるため、夜間外出時に一人で行動することを避けることも重要です。

特に移動時は、ジプニー等ではなく一般的なタクシーかGrabを利用するほうが無難です。

乗合タクシーは、ほかの乗客とのトラブルが発生する可能性があるためです。

これらの対策を講じれば、フィリピンでの留学生活も安全で快適に過ごせます。

電車がないフィリピンでの留学生活。交通機関についてのアレコレ

留学生活を充実させるために必要不可欠な交通手段 こんにちは! BEACLの日名子でございます。 フィリピンで留学する場合、平日はほとんど学内で勉強するため、生徒のみな…

こちらの記事もどうぞ!

インフラ整備が日本に比べて遅れている

フィリピンは東南アジアでも経済成長が著しい国であり、活気ある市場やビジネス環境は魅力的です。

しかし、経済成長に国のインフラが追いついていない現状があります。

例えば、電力供給が不安定なので一部地域では停電が頻発します。

また、雨季になると洪水が発生しやすい点も懸念材料です。

【卒業】帰国時、空港に3時間前到着すれば大丈夫?【集中豪雨】

こんにちは。BEACLのRyanです。 卒業して、クラスメイトとのお別れを悲しみつつ、帰国する場合。 皆さんは、何時間前に空港に行きますか? 基本BEACLでは「国際線の場合3…

これらの自然災害のリスクは、日本にいると想像しにくいものですが、フィリピンでは現実的な問題です。

さらに、インターネット環境も日本と比べると快適性に欠けます。

たとえば、仕事の連絡や英語学習で電子機器を使用したいとき、インターネットが利用できないと不便と感じてしまいます。

このようなインフラ問題は日本で快適な生活環境に慣れている人には、ストレスを感じるかもしれません。

BEACLならWi-Fi付きフィリピン留学。留学Wi-Fiをあなたの留学生活にお役立てください!

ネイティブ講師ではない

フィリピンの語学学校は講師の大部分がフィリピン人であり、ネイティブ講師は少ないです。

一方でフィリピン人講師はフレンドリーで親切な人が多く、日本人の英語にも慣れていますので、フィリピン人講師と英会話を続けていると、自分の発音が眼の前の講師に似てきてしまいます。

ヒナゴ

フィリピンでの英語学習はネイティブの英語発音を純粋に学びたい人にとっては違和感があるかもしれません。

しかし、ネイティブの発音にこだわりすぎるよりも、まずはしゃべり倒すことが大事。

日常会話でもビジネス上の英会話でも、コニュニケーションを取ろうとする姿勢が一番重要です。

そういう意味で、発言の機会が多いフィリピン留学は有益な選択肢となるでしょう。

ヒナゴ

フィリピンの学校でも、発音矯正の授業を受ける事もできますし、ネイティブ授業も多くの学校で実施されています。

3.社会人のフィリピン留学にかかる費用

フィリピン留学一番の特徴は、コスパ。

まあ、これがあまりにも魅力的なので、他に多少気になることがあってもみんながフィリピンに行くと言っても過言では有りません。

ヒナゴ

フィリピン留学にかかる費用をざっくり以下の一覧表にまとめました。 

滞在期間予想される費用
1週間約20万〜
1か月約40万〜
3か月約80万〜
6か月約170万〜
滞在期間と概算費用

例【1か月の留学費用の内訳】

  • 学費:14万円程度

フィリピン留学にかかる学費は、1か月18万円程度です。学費は授業料だけでなく、入学金も含まれます。

  • 滞在費:11万円程度

1人部屋から複数人部屋までさまざまな選択肢があります。
複数人部屋を選べば、1人部屋に比べて費用を大幅に抑えられます。
プライバシーを重視する人、集中して勉強したい場合は1人部屋がおすすめです。
また、この費用には食費や清掃の費用なども含まれます。

  • 現地納入費用:4万円程度

ビザの延長費用、教科書代、光熱費などをペソ建てで納入するものです。
隠れたコストです。

  • 渡航費:6万円程度

日本からは首都のマニラとセブなどに直行便が出ており、利便性は悪くありません。
しかし、渡航費は時期によって大きく変動します。そのため、渡航費を少しでも抑えたい人は航空券が安い時期での留学がおすすめです。
ちなみに長期休暇の前後は、航空券の価格が下がりやすい傾向にあります。

  • お小遣い:3万円程度

フィリピンの物価は日本に比べて安いため、日本と同じように飲食代が高くなるケースは稀です。しかし、日本食などの外資チェーン店では日本と大きく金額が変わらないため、食費が高騰するかもしれません。また、フィリピンの語学学校では食事が提供されるところもあり、その場合は学費に食費が含まれます。

  • 保険費:2万円程度

フィリピンで生活しているあいだ、日本の医療保険は適用されません。もしも、ケガや病気によってフィリピンの病院に通院する場合、医療費が予想外に高額になる可能性もあります。
こうしたトラブルの予防策として、「海外旅行保険」への加入をおすすめします。
※短期の場合は、クレジットカードの付帯で行く方もいらっしゃいます。

ヒナゴ

海外旅行保険に加入すれば高額な医療費を軽減できるため、フィリピンへ留学する場合は必ず保険費も想定費用に含めるようにしましょう。 

なお、上記費用は、ドル建て校でドル円換算のレートを150円で計算した場合です。為替の変動や各学校のキャンペーンや円建て校、保険の種類などによっても金額が変わる場合があります。

キャンペーン情報

フィリピン留学は、もはや「格安」留学ではない。 コロナ後のフィリピン留学にかかるコストは? 円安に物価高。 日本にいてもその影響を感じる今日このごろですが、みなさ…

【本当に必要?】フィリピン留学保険の選び方① クレカ付帯だけで大丈夫?

もちろん、ほとんどの方々は、留学中に大きな病気やケガをすることなどはありません。保険などを使わずに無事に日本に帰国される方が多いのも事実です。 ただ、万一、大き…

留学のコストについて知るならこちらの動画!

基本

応用


4.社会人のフィリピン留学で必要なビザは?

フィリピン留学の魅力は、ほかの留学先と違い、最初の30日間は特別なビザ申請が必要ない(観光ビザで入国できる)点です。

これは留学前の準備や手続きが面倒な社会人には大きなメリットといえます。

しかし、観光ビザで入国するには以下の2つの条件が必要です。

  • 滞在期間 + 6か月以上のパスポートの有効期限
  • 有効な往復航空券を保有している

基本的に、5週以上の留学をする場合はビザの延長申請が必要です。

ヒナゴ

ビザの延長費用は期間によって異なりますが、各学校で延長申請を代理で行なってくれます。

5.社会人のフィリピン留学における学校の選び方

フィリピンへ留学する社会人にとって、「学校選び」は重要なポイントです。

適当に学校を選んでしまうと、対人トラブルや期待する英語力が身につかないなどの問題が生じるかもしれません。

そこで、ここからはフィリピン留学をする際の学校の選び方を紹介します。

留学期間で選ぶ

留学する期間により、学校を決めるのも選択肢のひとつです。

社会人が選択する場合が多い短期留学であれば、集中的に語学力が身につくスパルタ式の学校がおすすめです。

スパルタ式は英語漬けの毎日が過ごせるだけでなく、厳格なルールの下で英語が学べる点が特徴なので限られた時間のなかで最大限英語力をアップさせたい人には、最適な選択肢といえるでしょう。

続いて、中・長期留学を考えている人にはセミスパルタ式の学校の、語学学習と自由時間をバランスよく確保するのもオススメです。

特に長期留学を計画している人にはリゾート型の学校も良いでしょう。自然豊かな環境下で、ストレスなく学習を続けたい社会人には最高の学習の場といえます。

ヒナゴ

長期の場合には、1つの学校ではなく2つの学校にチャレンジするという人も居ますね。

平均年齢や国籍比率で選ぶ

留学先の学校選びで重要視するポイントは、平均年齢と国籍比率です。

自分と近しい年齢の人々と一緒に学ぶことで、共通の話題から交流が深まるかもしれません。

また、国籍比率も留学中の生活に大きな影響を与えます。

日本人以外の外国の友人との交流は、自身の学習意欲の向上やモチベーションに直結するからです。

そのため、留学先の学校を選ぶときは、平均年齢と国籍比率も確認してから判断するとよいでしょう。

ヒナゴ

BEACLでは、ネットに出ていない国籍比率の予測などもカウンセリングでお伝えしていますのでご安心下さい☆

Winning English Academy〜日本人遭遇率低めの台湾資本校|フィリピン留学BEACL

日本人が少ないWINNINGへの留学なら【BEACL】へ!セブ島・バキオの複数校を比較して自分に合った留学先を見つけられます。社会人も参加しやすい最短1週間から人気の8週間…

休校日をチェックする

留学先の学校選びで忘れてはならないのが、休校日です。

なぜなら、祝日は基本的に学校も休校になるためです。留学中に祝日が重なってしまうと、留学期間中なのに授業を受けられない可能性があります。

たとえば、4月の上旬にはイースター4連休、また12〜1月はクリスマスやニューイヤーの休みがあり、この期間はほとんど学校が開講されません。

フィリピン留学を計画する際は、留学期間中の祝日や休校日を事前にチェックすることが重要です。

ヒナゴ

フィリピンでは祝日は従業員を働かせることが出来ないルールもありますので、しっかりと授業日数を確認して留学計画を練りましょう。

2024年度フィリピンの祝日

短期留学における祝日の注意点やアドバイスも【BEACL】へ!セブ島・バキオの複数校を比較して自分に合った留学先を見つけられます。社会人も参加しやすい最短1週間から人…

6.まとめ。フィリピン留学が向いている社会人とは? 

改めて、フィリピン留学に向いている人の特徴を考えてみましょう。

キャリアアップを考えている

海外留学は、「語学力」という強力なスキルを身につける絶好の機会です。

フィリピン留学でビジネス英語を習得すれば、帰国後に英語力を活かした部署に配属される可能性が高まります。

具体的には、海外のパートナーやクライアントと直接コミュニケーションを取る機会が得られるかもしれません。

これは、国際的なビジネス環境で経験を積む大きな一歩となるでしょう。

したがって、キャリアアップを考えている社会人にとって、フィリピン留学はビジネスの成功につながる先行投資といえるのではないでしょうか。

転職の合間にスキルアップをしたい

転職を機に会社を退職する場合、基本的に未使用の有給を消化してから退職します。

長期間会社に在籍していた場合、有給が1週間以上残っているケースも多々あります。

こうした有給休暇を利用したフィリピン留学も、有意義なスキルアップの機会です。

フィリピン留学は1週間から可能なため、短期でも効率よく英語力向上が期待できます。

このように、転職期間中のフィリピン留学は多面的なスキルアップを実現する有効な手段といえます。

単純に仕事に疲れた

実は一番オススメな理由はこちらです。

社会人ととして日々働く中で、毎日の同じことの繰り返しの日々に疲れてくるのは誰しもが抱える悩みです。

このマンネリを打開する方法に、海外旅行に行くという方は多いと思います。

その旅行が短期の留学だったら、一石二鳥だと思いませんか?

南国フィリピンの海外「生活」を楽しみつつ、マンツーマンで「英語」も学び、週末は「リゾート」を堪能できる。

しかも低コスト!

ヒナゴ

フィリピン留学が社会人に選ばれている理由は、実はこのパターンが一番多い気もします。

以上、本記事では、最近増加している社会人のフィリピン留学について解説しました。

自分自身のキャリアアップを考えている人は、今回の記事を参考に「フィリピン留学」にチャレンジしてはいかがでしょうか。

記事内では、フィリピン留学のメリットとデメリット、社会人がフィリピン留学を選ぶ理由を具体的に説明しましたが、実際に留学する場合学校の選び方が一番重要なポイントです。

ぜひ、BEACLのカウンセラーと一度お話し下さい!

みなさんとお話できるのを楽しみにしています。

BEACL自慢のその他コンテンツもお楽しみください

お問い合わせは、24時間いつでもLINEで!

フィリピン留学BEACLは、

①留学Wi-Fi無料! ②手数料完全無料! ③送金手数料無料! ④最低金額保証! ⑤クレカ支払いOK

なのに、カウンセリングからご帰国まで、しっかりサポート 将来の留学でも構いません。まずは一回お問い合わせください!

お問い合わせは、24時間いつでもOKのLINEがおすすめです!